FC2ブログ

安いツアーでニュージーランド

ニュージーランドの旅行から帰って来た。

海外旅行は航空券とホテルだけ手配し、場合によっては寝台車などの予約を加えるパターンが多かったが、
最近は日本から添乗員さんが同行するツアーで行くことも増えてきた。
今回はその中間のようなもので、現地の係員さんの世話になるという形態で、あまり経験が無い。
同じ旅行会社のツアーと比較しても価格は安め。


これは総合リゾートホテルのマリーナベイ・サンズ。
ニュージーランドには関係無いようだけれど、
シンガポール航空の乗り継ぎ時間を利用して、無料ツアーで訪れたもの。

直行便ではないから安いのも分かっていたこと。
シンガポールのチャンギは評価の高い空港だから、時間を潰すことはあまり苦にならなかった。

他のツアーとの混載で待ち時間が発生する場合があることも納得済みだったが、
到着したクライストチャーチの空港で、他の便で来た方を3時間も待つことは想定外。


クライストチャーチ⇔テカポ⇔マウンクックの間は主に定期観光バスを利用。
外国人も利用するという交通機関。

日本人のガイドが同乗していたり、ホテルへの送迎でワゴン車が待機してくれて不便は無かったが。


ホテルのランクはエコノミーを選択。

宿泊した3か所のホテルすべてでバスタブが無い点はあまり気にならなかったが、
シャワーの使用量に制限があったり、2人なのにダブルルームとかは、
1980年代のヨーロッパ・ツアー以来のこと。



よろしかったらクリックをお願いします。

にほんブログ村
スポンサーサイト

南禅寺

京都の南禅寺。

大原などを見て回ってから、夕方に訪れた。

「琵琶湖を引きて通したる、疎水の工事は南禅寺」と鉄道唱歌に歌われた。


庭園も素晴らしい。

広すぎて、見て回るには時間が無さすぎる。


よろしかったらクリックをお願いします。

にほんブログ村

鉄道コレクション・ニュルンベルクトラム1000タイプ

発売されたばかりの鉄道コレクション・ニュルンベルクトラム1000タイプ。

ニュルンベルクはお気に入りの街の一つ。

このあたりの旧市街は徒歩で十分に観光できる。


これはドク・ツェントルムという施設。
ナチス党大会が行われた場所。
ドイツは反省していると言う人がいるが、
ナチスに責任を押し付けているだけのこと。
同盟国だった日本もイタリアもホロコーストはしていないし。

中心部からは離れているので、路面電車のお世話になった。

塗装は異なるけれど、「1004」とあるので、
たぶん製品と同じ形式だろうと思われる。


ループ線専用ということで、こちら側にはドアが無い。

カーブでも連結面が美しい。

車内の座席もよく再現されている。



よろしかったらクリックをお願いします。
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村


カンボジア・アンコール遺跡のアンコール・トム

カンボジア・アンコール遺跡のひとつであるアンコール・トムに向かう。
有名なアンコールワットも、このアンコール遺跡群の一つ。

遺跡をめざす車の列。
大型バスは乗り入れることができないから、ワゴン車2台に分乗する。
現地ガイドさんと違う車だったので、イヤホンの声が聞こえにくい。

入口の橋に並ぶ像の列。


いずれも怖い顔をしている。


もっとも美しいと言われる南大門から入る。




よろしかったらクリックをお願いします。

にほんブログ村

長崎・日本26聖人殉教地

長崎に到着。
丸2日と少々滞在するが、とりあえず長崎駅に近い観光スポットを見て回る。

日本26聖人殉教記念碑。

豊臣秀吉の禁教令により捕らえられたキリシタンが、殉教した聖地とのこと。
弾圧された人々ということかもしれないが、
中南米では、まず宣教師が布教活動を行ってから、侵略を行ったのも事実。

隣接する記念館。

夕方で閉館の時刻が迫っているから、入ることはできない。
侵略についてどのような展示がされているか気になる。


よろしかったらクリックをお願いします。

にほんブログ村



プロフィール

やだ&たま

Author:やだ&たま
旅行と模型が主体のブログです。
旅行はヨーロッパ、模型は鉄道模型レイアウトがメインです。

カテゴリ
最新記事
サイト内検索
最新コメント
アクセス
オンラインカウンター
現在見ている人の数
現在の閲覧者数:
カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
最新トラックバック
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking