FC2ブログ

新旧の国鉄駅を観察する

大井川に架かる世界一長い木造橋などを見に行った。

その際に、開業した時期が大きく異なる二つの駅を利用した。
両駅を眺めて比較してみる。
なお、用語などは間違っているかもしれない。

明治期に開業した島田駅。

プラットホームが2面で、線路は3本プラスアルファという国鉄時代の基本的な配置。
線路周辺の土地には余裕がある。
プラットホームの盛り土が崩れないように、コンクリートの擁壁が作られている。

こちらは昭和の終わりに開業した六合駅。

線路は2本で、空き地は少ない。
プラットホームには擁壁は無く、柱で支えられている。


よろしかったらクリックをお願いします。
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

レイアウト製作のために大井川を観察する

ギネスブック認定の世界一長い木造橋。


川の流れを観察する。

新幹線や東海道線で何度も渡っているが、
ゆっくり眺めるのは初めて。

このレイアウトは、大井川や富士川、天竜川などをイメージしたもの。

鉄橋の長さが短いことは仕方が無いとしても、
水の色や石の大きさなど、異なる点が多い。


よろしかったらクリックをお願いします。
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村


Nゲージ ファイン マニュアル 4  ローカル駅のストラクチャー

最近購入したNゲージ ファイン マニュアル 4  ローカル駅のストラクチャー。

実物の写真や説明が豊富です。

この種の内容は、40年以上前に発売されたシーナリーガイドが有名ですが、
最新刊なので鮮明なカラー写真と、
製品を活用した改造方法など、現在において役立つ記事です。


ひとまず完成したこのレイアウトに取り入れるものがあるかどうか、
読むことにしましょう。



よろしかったらクリックをお願いします。
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村


鉄橋の観察に適した場所

長野県にある寝覚ノ床。
線路は中央西線。

鉄橋を真上から眺めることができる。

真横からも眺めることができる。

手すりの一部が黄色に塗装されている。
JR東海では、このような塗り分けを見る機会が多い。

今度は下から見上げる。

観光地なので、
遊歩道も整備されていて、鉄橋に近づくことができるし、
駐車場もある。


鉄橋とは関係ないが、これは用地界標。
鉄道用地の境界線上に設置されている。

上に置いてあるのは免許証。



よろしかったらクリックをお願いします。
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村

レイアウト製作のために雑草を観察する

製作中のNゲージレイアウトに雑草を生やした。


次はこの築堤の雑草だ。

眺める場合に手前側で、
線路に近い重要な場所なので、
少しでも本物のようにしたい。

とりあえず実物を見よう。

まずは道路沿いの雑草。

メインの素材のほかにターフとコースターフを組み合わせるなど、
少なくても3種類以上を使い分ける必要がありそうだ。

今度は堤防。
茶系が案外多い。

立ち上がる草は表現が難しそう。

最後は分かりにくいけれど、築堤の上には線路がある。

雑草が生え放題になっている。


よろしかったらクリックをお願いします。
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村

プロフィール

やだ&たま

Author:やだ&たま
旅行と模型が主体のブログです。
旅行はヨーロッパ、模型は鉄道模型レイアウトがメインです。

カテゴリ
最新記事
サイト内検索
最新コメント
アクセス
オンラインカウンター
現在見ている人の数
現在の閲覧者数:
カレンダー
06 | 2019/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
最新トラックバック
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking