FC2ブログ

建設中のレイアウトへの要求と、実現するための妥協について

以前にも建設中のレイアウトの構想を記事にしたが、
工事が進んでイメージが掴みやすくなったので、もう一度書いてみる。

スペースは約900㎜×900㎜という小型。
道路は未舗装路にするつもりだけれど、分かりやすいようにグレーにしてある。
池は水色ではなく、緑色系にするつもり。


制作の目的は、列車を眺めるための舞台を作ること。

レイアウトへの要求は以下の通り。   
1、所有しているほぼ全部の車両を走行させたい。昭和30年頃からJRまで、さらにヨーロッパの列車も。
2、編成は6両から8両程度までとする。
3、全線を複線とする。
4、駅を設ける。

ここまで書くと無謀、欲張りなど、いろいろな言葉が浮かぶ。
したがって、目標を実現するためには、
発想の転換といえば聞こえがいいけれども、
妥協とか我慢しなればならないことも当然ある。

駅については、プラットホームはごく一部の再現に留めて、山や橋で隠す。
ヨーロッパの車両は右側の池や山の自然の風景だけで眺める。
昭和30年代と平成初期の両方に合うように、建物の一部は固定しないで交換できるようにする。


よろしかったらクリックをお願いします。
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

Nゲージレイアウト~線路沿いの建物の配置

駅の線路沿いに詰所などの建物を置きたい。

長い建物にすると、現実離れしたカーブが目立ってしまう。

短い建物でも、2軒置くと同じ結果になる。

急なカーブに近いので、不自然さが余計に目立ってしまう。


よろしかったらクリックをお願いします。
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村

レイアウト内の住宅の配置を検討

制作が遅々として進まないNゲージレイアウト。

徐々に作っていくことにより、イメージを掴んで、
着手していない部分の配置を検討していくという工程で進めている。

地形はほぼ決まったけれど、次は建物が悩みの種。
レイアウトの舞台は、昭和30年代から50年代の地方中核都市の近郊としている。
その設定に合う製品に限っても数多く所有していて、
選択と配置の組み合わせは無限に近い。

まずは、建物を配置する範囲を決める。

記事を投稿するために適当に並べたが、建物の配置が均一過ぎて悪い見本のようになってしまった。

今度は数をずっと少なくする。

レイアウトの右半分は自然の風景にしたいので、
こんな感じにしたい。


よろしかったらクリックをお願いします。
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村

レイアウトの制作がほんの少し進展

制作中のNゲージレイアウトの昨年秋の状態。

建物の配置は検討中で仮置き。

徐々に作っていくことにより、イメージを掴んで、
着手していない部分の配置を検討していくという工程で進めている。

それから3か月後の様子。
いろいろ忙しくて、ほとんど進んでいない。

山が少し手前に広がって、池の予定地を少し埋め立てをしただけ。

地形はほぼ決まったけれど、次は建物が悩みの種。
多くの製品を所有していて、
選択と配置の組み合わせは無限に近い。

来月からはヒマになるので、製作が進むと宣言しておこう。


よろしかったらクリックをお願いします。
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村


レイアウトで古今東西の列車を走らせたい

現在制作中のNゲージレイアウト。
昭和40年代頃の設定。

レイアウトの奥の方から山を形成し、住宅の配置もほぼ決定。

このレイアウトでは、自分の所有しているほぼ全部の車両を走らせたい。
「レイアウトに欲張りは禁物である」という言葉は正しいと思っているが、
何とかしてみたい。

ヨーロッパの車両でも違和感が無いように、
右の住宅を交換した。

昭和初期に登場したスハ32系を持っているが、実車は昭和50年代まで活躍した。
列車として一番古いのは1950年代前半の特急列車。

一番上の画像の左側から眺めている。
赤茶色の屋根の家を純和風に交換した。


よろしかったらクリックをお願いします。
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村

プロフィール

やだ&たま

Author:やだ&たま
旅行と模型が主体のブログです。
旅行はヨーロッパ、模型は鉄道模型レイアウトがメインです。

カテゴリ
最新記事
サイト内検索
最新コメント
アクセス
オンラインカウンター
現在見ている人の数
現在の閲覧者数:
カレンダー
06 | 2019/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
最新トラックバック
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking