サンクトペテルブルクのカザン聖堂

後ろ髪を引かれる思いで、エルミタージュ美術館をあとにして、ランチタイム。

キノコのつぼ焼き。

日本で食べたものよりも、ポテトなどの具が大きい。

午後の市内観光で最初に訪れたのはカザン聖堂。

19世紀に建てられたとのこと。

このような絵画を観たいけれど、中には入らない。

外から眺めるだけなら、その時間をエルミタージュ美術館に充てて欲しかった。
1か所でも多く足跡を残したいという方もいると思うので、
自分の希望だけれど。


よろしかったらクリックをお願いします。
にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

ドイツで指定席券を購入

日本からフランクフルトで乗り継いでベルリンに到着。
ホテルの近くにあるツオー駅周辺をぶらつく。

ベルリンの壁があった頃、このツオー駅で指定席券を手に入れたことがある。
有名な大聖堂のあるケルンという地名がどうしても係員に伝わらなかった。
アルファベットの「O」の上に点が2つある。
第2外国語はドイツ語だったので、それがウムラウトというものであることは知っているが、
発音の仕方はすっかり忘れていた。

明後日は列車で2時間のドレスデンへ行く予定。
いつもならトーマスクックの時刻表を持参するけれど、
今回は単純な往復だから持っていない。
もちろん日本を出発する前に調べてあるけれど、
やはり最新の情報が欲しい。
ヨーロッパの主要駅には、方面別のコンパクトの時刻表が無料でもらえる場合が多い。

しかし、コンコースには切符売り場や案内所が見当たらない。
昔は西ベルリンで長距離列車が発着する唯一の駅だったが、
現在はその役目を中央駅などに譲っているからだろうか。

ただ、タッチパネル式の機械が並んでいる。
時刻表をプリントアウトできるかもしれないので、
英語表示にして操作する。

数か月前のトーマスクックの時刻表を変わっていないようだ。
この機械で指定券も購入できそうなのでトライしてみる。

1等か2等かは当然として、
割引の対象か、ICEを使うかどうかや、
さらにコンパートメントか開放型か、窓側かどうかも問われる。

往復分を確保。
週末の日帰りだから、割引切符があるかもしれないが、
ノーマルの値段のようだ。


よろしかったらクリックをお願いします。
にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
にほんブログ村







エルミタージュ美術館で中国vs世界連合

ツアーで訪れたサンクトペテルブルクにあるエルミタージュ美術館。

興味のないコーナーに付き合って、ようやく絵画へ。

レオナルド・ダ・ヴィンチよりラファエロのほうが好きだけれど、
ガイドさんから案内されたこともあり、つい行列に並んでしまう。

行列の横には、同じグループのガイド(と思われる人)から並ぶように言われて、
不満顔の中国人(らしき人)がいる。

なかなか列が進まないと思ったら、
長い時間撮影している(おそらく)中国人がいて、
待っている人たちからブーイングが浴びせられる。

これまで撮影していた画像をチェックしていると、
前の人との間に生じた少しの隙間に(多分)中国人が割り込んでくる。

秩序から大混乱へ。


よろしかったらクリックをお願いします。
にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
にほんブログ村

ベルリン・ツオー駅の周辺

ホテルのすぐ近くにあるベルリン・ツオー駅。



カイザーヴィルヘルム記念教会。
空港からのバスで到着した時に見えていたが、
ベルリンに来たことを実感するために行ってみる。

空襲による被害を受けた状態で残っている。


空腹を満たすため、
駅前広場のスタンドでベルリン名物のカリーブルストを食べる。
カレーよりもケチャップの味が強いかな。



よろしかったらクリックをお願いします。
にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
にほんブログ村

エルミタージュ美術館の絵画

サンクトペテルブルクにあるエルミタージュ美術館。


館内は豪華であるが、


やっぱり観たいのは絵画。


ルネッサンスの初期や、それ以前の時代は大好きだけれど、
時間は無いし、ツアーだからスルーされる。


レオナルド・ダ・ヴィンチでは撮影タイム。
ここで「事件」があったけれど、それについては次回。


ラファエロの回廊。
ヴァチカン美術館にもあったような気がする。


レンブラントの作品。
最近のツアーではガイドさんの説明をイヤホンで聞くのだけれど、
「皆さん、スリがいます。金髪の女性です」

いろいろ面白い体験もあったし、意外なことも聞いたが、
もっと絵画を観たかった。

最後に30分間の自由時間を与えられたけれど、
アジアか14世紀以降のイタリア美術の部屋へ行こうとしたら、
行列が長いので諦めて、売店を覗くだけで終わる。

「エルミタージュ美術館ですか?
行ったことはあります」
というレベルで去ることになる。

サンクトペテルブルクもモスクワも、
郊外にある宮殿は、ロシア語やキリル文字の関係で難易度が高そうだけれど、
地下鉄を利用して、中心部にある博物館や美術館を見学することは何とかなりそう。
また来ることになるかな。



よろしかったらクリックをお願いします。
にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
にほんブログ村

プロフィール

やだ&たま

Author:やだ&たま
旅行と模型が主体のブログです。
旅行はヨーロッパ、模型は鉄道模型レイアウトがメインです。

カテゴリ
最新記事
サイト内検索
最新コメント
アクセス
オンラインカウンター
現在見ている人の数
現在の閲覧者数:
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
最新トラックバック
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking