FC2ブログ

鉄道コレクション・ニュルンベルクトラム1000タイプ

発売されたばかりの鉄道コレクション・ニュルンベルクトラム1000タイプ。

ニュルンベルクはお気に入りの街の一つ。

このあたりの旧市街は徒歩で十分に観光できる。


これはドク・ツェントルムという施設。
ナチス党大会が行われた場所。
ドイツは反省していると言う人がいるが、
ナチスに責任を押し付けているだけのこと。
同盟国だった日本もイタリアもホロコーストはしていないし。

中心部からは離れているので、路面電車のお世話になった。

塗装は異なるけれど、「1004」とあるので、
たぶん製品と同じ形式だろうと思われる。


ループ線専用ということで、こちら側にはドアが無い。

カーブでも連結面が美しい。

車内の座席もよく再現されている。



よろしかったらクリックをお願いします。
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村


スポンサーサイト

レイアウトで古今東西の列車を走らせたい

現在制作中のNゲージレイアウト。
昭和40年代頃の設定。

レイアウトの奥の方から山を形成し、住宅の配置もほぼ決定。

このレイアウトでは、自分の所有しているほぼ全部の車両を走らせたい。
「レイアウトに欲張りは禁物である」という言葉は正しいと思っているが、
何とかしてみたい。

ヨーロッパの車両でも違和感が無いように、
右の住宅を交換した。

昭和初期に登場したスハ32系を持っているが、実車は昭和50年代まで活躍した。
列車として一番古いのは1950年代前半の特急列車。

一番上の画像の左側から眺めている。
赤茶色の屋根の家を純和風に交換した。


よろしかったらクリックをお願いします。
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村

マイクロエース国鉄153系こだまセット

東海道新幹線開業前の151系特急こだま。

予備車が少ないので、急行型電車による代走が行われた。いわゆる「かえだま」


その製品がこちら。
マイクロエース国鉄153系こだまセット。

「こだま」のヘッドマークはシールだから、他の列車として走らせることができる。
ただし「東京・大阪」の標示は赤い文字の特急仕様。

当時はビュッフェだけに冷房があり、1等車も非冷房。


他の製品と組み合わせて、冷房車との混結も楽しめる。




よろしかったらクリックをお願いします。
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村

レイアウトの中の道路

制作中のNゲージレイアウト。

徐々に作っていくことにより、イメージを掴んで、
着手していない部分の配置を検討していくという工程で進めている。


スタイロフォームの山を樹木の色に塗装して、ついでに道路も塗装した。

住宅地を貫く道路の右上の部分は、Zゲージ用の建物に合わせて道幅を細くしてある。
こう配が急すぎることと共に不自然な面もあるけれど、
山の中の道路は、樹木に隠れてよく見えないので、構わないと思っている。

もう一つの問題は左上にある橋とのバランス。
この橋は短いプラットホームを隠すために設けたので、幅を広くする必要がある。
他の道路との整合性がとれないので、目立たないようになるべく隠すことにしよう。



よろしかったらクリックをお願いします。
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村


TOMIX北斗星

TOMIXの北斗星セットを購入した。
JR東日本仕様とあるが、JR北海道との違いは知識が無いので分からない。

模型で走行させたい列車は、
外観にバラエティーがあること。
そして、実際に乗車したことがあって、
それが楽しい思い出なら、
さらに良い。
この製品はそれらの条件を、すべて満たしている。

セットにはもう1両分の収納スペースがあるので、
さらにオハネフ25の0番台を単品で購入。
基本セットは窓の低い200番台なので、
変化があって良い。

寝台車に一人で乗ることができる年齢になった頃、
窓が小さくなってガッカリしたことを思い出す。

パンフレットのとおりにカニの隣に連結。
18j9c.jpg
この位置はオロネやナロネと思うのは、
自分が国鉄世代だからかな。


よろしかったらクリックをお願いします。
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村


プロフィール

やだ&たま

Author:やだ&たま
旅行と模型が主体のブログです。
旅行はヨーロッパ、模型は鉄道模型レイアウトがメインです。

カテゴリ
最新記事
サイト内検索
最新コメント
アクセス
オンラインカウンター
現在見ている人の数
現在の閲覧者数:
カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
最新トラックバック
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking