今シーズン2回目のスキー

先週の平日に、今シーズン2回目のスキーに行くことになった。
前日の夜に天気予報を見ると、日本海側も好天のよう。

久々に八方尾根で滑りたくなった。
かつて苦労した兎平と黒菱の両ゲレンデとの再会も楽しみ。

ただ、いかんせん遠い。
20年前は日帰りで何度も行ったけれど、年齢を重ねるにつれて億劫になっている。
こうなると行かない理由を探してしまう。
今シーズンはコブ斜面を一度も滑っていないとか。


結局、3時間もかからない奥美濃のめいほうスキー場へ。

御岳や乗鞍岳、さらには穂高連峰までもはっきり見える。

平日の休みと好天が重なることはそんなに無いのだから、
やはり白馬へ行くべきだったと後悔する。

お気に入りのβ30で、レベルは中級コース。

コブ斜面の割に、比較的斜度が緩いのが特徴。
自分にとって恰好の練習バーン。

昨年よりも調子良く滑ることができる。
これなら八方の黒菱だって平気かも。

上級コースにもチャレンジ。

結果は・・・、
もう一度中級コースで復習。



よろしかったらクリックをお願いします。
にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村


スポンサーサイト

野麦峠スキー場

今シーズンの初滑りは野麦峠スキー場へ。

渓谷や赤い橋が美しいが、残念ながら旧道。

バイバスにより快適な走行ができるようになったが、
それでも一般道を1時間以上走らなければならない。

高速リフトが縦につながるロングコース。
しかも中急斜面が大半を占める。

乗鞍や御岳も美しい。

ポテンシャルは相当高いと思うけれど、
駐車しているクルマを数えられるくらい空いている。



よろしかったらクリックをお願いします。
にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村

おんたけ2240スキー場

おんたけ2240スキー場へ行ってきました。

中津川ICを降りて、国道19号線を1時間以上走ります。

天気は良さそう。

国道と別れてからも、40分以上かかる。

前後にクルマはいない。
標高が上がるにつれて、道路は白一色。


ICから近い奥美濃のスキー場に客が流れているせいか、
9時過ぎでも、ゴンドラ前に駐車できる。

今シーズンの初滑りだから、リフトを乗り継いでゆっくり行こうと思っていたが、
運行していない。


ゴンドラで最上部へ上がり、眺望を楽しむ。
ロングコースも素晴らしい。

上から見て右側のゲレンデはコブ斜面だけれど、
今日は整地。

でもコースの端を、お上手な方々が、お綺麗なターンで、お滑りになられるので、
だんだんコブが形成されてくる。

挑戦してみたが、縦長のコブは難しい。


客数が減少しているので、チャンピオンコースは閉鎖。


かつてゲレンデの途中や最上部にもあったレストランも、今や一つだけ。

無難なカレーライスにすれば良かった。



よろしかったらクリックをお願いします。
にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村




めいほうスキー場

岐阜県のめいほうスキー場へ行ってきました。

最上部からの眺めです。
右が御岳山、左が乗鞍岳です。

快晴で眺めは素晴らしいのですが、
撮影するために、グローブを外すこともためらわれるほどの寒さです。

そこから少し降りたところにあるβ90コースです。

それなりに斜度があり、距離も長いという充実感の高いコースですが、滑る人はあまりいません。

足慣らしを終え、本命のβ30コースです。
コブ斜面なのに、斜度が比較的緩いということで、お気に入りです。

繰り返し滑っていると、すぐにへばってしまうので、
再び上を目指すことにしたら、
あれ?、昨シーズンまで乗っていたリフトがありません。

勘違いかなと思いましたが、
ゲレンデマップを見ると、コースの数も減っています。

ちょっぴり残念です。

3時間以上ぶっ通しで滑ったら、さすがに疲れてきたので、
定番のカレーです。

昨年より賑わっています。
おまけに若い人の比率が高くなっているように思えます。

日本経済もだんだん良くなっているのでしょうか。


よろしかったらクリックをお願いします。
にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村

野麦峠

国道19号線を中津川から北上しています。

上松を過ぎたあたりです。

奥にある橋は工事中です。

実は昨年の撮影です。

今年はこの橋とトンネルにより快適に走行できます。


その一方で…、

木曽の桟(かけはし)です。

旧道になってしまったので、
印象的な赤い橋や、
美しい渓谷を眺めることが出来なくなってしまいました。


目的地は野麦峠スキー場です。

平日なので、いつものようにガラガラです。

リフトが時々停止しするほどの風が強い日でしたが、
最上部からの眺めです。


特別美味いというわけではありませんが、
値段の割におかずも多く、ゲレ食としては満足です。



野麦峠といえば、
飛騨から製紙工場に働きに出た女性達が悲惨だったという話になりますが、
気になってネットで検索してみると、

やはり・・・、

家を一軒建てることができるほどの賃金を貰っていた人たちの存在や、
映画は原作と違い、悲惨さだけを強調している。

というような話がいろいろ出てきます。


よろしかったらクリックをお願いします。
にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村
プロフィール

やだ&たま

Author:やだ&たま
旅行と模型が主体のブログです。
旅行はヨーロッパ、模型は鉄道模型レイアウトがメインです。

カテゴリ
最新記事
サイト内検索
最新コメント
アクセス
オンラインカウンター
現在見ている人の数
現在の閲覧者数:
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
最新トラックバック
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking