レイアウトに完成なし

昭和の、ありふれたローカル線のレイアウトが完成しました。

という記事はこちら


ただ、レイアウトに完成なしという名言があります。


こちらはレイアウトの裏側なので、思い切り手抜きです。


でも、この方向から眺めたい時もあるので、
針葉樹にクランプフォーリッジの塊を接着するという、
最低限の追加を行いました。



赤丸のあたりの雑草が低すぎます。


こちらからは眺める機会も多いので、
複数の製品を使用します。



破損した場合は別として、
これ以上は手を加える予定はありません。

しかし、自分の嗜好が変わるとか、
実感的な新製品が登場すれば,どうなるか分かりません。

「レイアウトに完成なし」ですから。



よろしかったらクリックをお願いします。
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

市販の草の製品に少しだけ手を加える

最近購入したノッホの製品です。

他の市販品では再現することが難しい、上へ伸びる草です。


レイアウトで使ってみます。

左はターフを撒きました。
右は根元を枯れさせるために、コースターフを接着しました。

製品のままでは単調だし、
手を加えると、製品の良さが消えてしまうし、
さじ加減が難しい。



よろしかったらクリックをお願いします。
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村

背の高い雑草を作る


背の高い雑草を作りました。

出来上がりはこんな感じです。


KATOのフィールドグラスを木工用ボンドで接着し、束ねます。

ボンドが乾燥したら、その部分で半分に切断します。

レイアウトに植えたところです。

茎だけなので、少し淋しいです。
とはいえこの状態に、木工用ボンドの水溶液でターフなどを接着しようとすると、
茎まで固まってしまいます。


最初からやり直します。
やはりフィールドグラスを使用します。

上はコースターフ、下はターフを接着したものです。
コースターフは粒が大きすぎるようです。

何本か作り、木工用ボンドで固定して、束ねます。

これで完成です。



よろしかったらクリックをお願いします。
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村

Nゲージレイアウトの目立つ場所に樹木を設置する

このNゲージのレイアウトに樹木を追加するために、
1本だけ製作しました。

設置する場所は、画像右側にある畑の奥です。


メーカーは忘れてしまったけれど、この製品を使用する。
枝の数が多い点が気に入って、購入しておいた。

枝振りを好みの形に整える。
幹を境として、左右で枝の数が全然違うけれど、
その理由はあとで。


幹や枝は製品の茶色を少し残しながら、
グレー系の色を塗る。

右側の葉は樹木に通常用いる素材。
左側はターフとコースターフ。
茂りかただけでなく、形も左右で違いすぎるが・・・。


レイアウトに設置すれば違和感が無い。

右側は、隣の樹木と重なって目立たないので、大雑把で良い。


枝の間から、向こう側の車両が見えるようにしたかった。

ただ下から伸びている枝が、垂直方向すぎるような気がする。



よろしかったらクリックをお願いします。
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村

Nゲージレイアウトに遠近法を取り入れてみた

いちおうの完成を見た山間風景のレイアウト。

遠近法を取り入れています。


この角度から眺めた場合の遠近感を表現しています。



遠景になる左側は針葉樹を低くしています。

他にもあります。
1つは遠くのものは色が薄く見えるという空気遠近法と、
もう一つは茂りかたについて、
近いところはモコモコと、遠くは平たくして変化をつけています。


水田も左側の幅を狭くしています。
それは畦道も同じです。
さらに畦道と稲の間にある水の部分の幅もです。

そして、針葉樹のように色を薄くしています。


針葉樹のほうが遠近感の表現が強めです。
水田部分と差がありすぎます。



よろしかったらクリックをお願いします。
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村


プロフィール

やだ&たま

Author:やだ&たま
旅行と模型が主体のブログです。
旅行はヨーロッパ、模型は鉄道模型レイアウトがメインです。

カテゴリ
最新記事
サイト内検索
最新コメント
アクセス
オンラインカウンター
現在見ている人の数
現在の閲覧者数:
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
最新トラックバック
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking