新宿御苑にある母と子の森

都会の中にある新宿御苑。

整備された庭園だけではない。

母と子の森と呼ばれる一帯。

自然が残されている。
残念ながらビルが背景だけれど。


よろしかったらクリックをお願いします。
にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

新宿御苑の大温室

新宿御苑を訪れています。



大温室というのものがあって、熱帯が再現されている。



色鮮やかな花も咲いている。


17c7c.jpg



よろしかったらクリックをお願いします。
にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村

新宿御苑

1月の連休の最終日に新宿御苑へ行ってきました。
雨模様で、開場直後のせいか空いています。

場所柄仕方が無いけれど、高層ビルが視界に入る。

日本庭園だけではなく、左右対称のフランス式庭園がある。

このタイプは広大な方が似合うと思う。

芝生が広がるイギリス式庭園。


中国風の建物もある。



よろしかったらクリックをお願いします。
にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村

上野にある国立科学博物館

上野にある国立科学博物館。

このような恐竜の骨格標本はほかにもありがち。

これだけ多くの剥製が並ぶと壮観。


ハチ公と南極観測のジロ。

展示のしかたが控えめすぎるような気がする。

また訪れてみたい。


よろしかったらクリックをお願いします。
にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村

聖徳記念絵画館

明治新宮外苑にある聖徳記念絵画館。

明治時代の主な出来事が壁画になっている。

岩倉具視を全権大使として、大久保利通や木戸孝允らが参加した欧米視察団の出発や、

大政奉還など教科書などでおなじみの絵画もある。


明治時代は欧米列強の植民地化を免れただけでなく、大きく飛躍したけれど、
薩長政権ではなくて、江戸幕府のままでも同じような結果になっていたような気がする。

そのような考えを持つようになった理由は、この本を読み始めているから。

吉田松陰、坂本龍馬、高杉晋作らのいわゆる「勤皇の志士」を、
テロリストとか使い走りと断じている。
彼らは明治新政府などによって神格化され、江戸幕府を必要以上に貶めているとのこと。

もっとも徳川氏も石田三成を悪者にしたけれど。
つまり勝者によって歴史が書き換えられているわけ。
それはGHQも同じ。


よろしかったらクリックをお願いします。
にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村
プロフィール

やだ&たま

Author:やだ&たま
旅行と模型が主体のブログです。
旅行はヨーロッパ、模型は鉄道模型レイアウトがメインです。

カテゴリ
最新記事
サイト内検索
最新コメント
アクセス
オンラインカウンター
現在見ている人の数
現在の閲覧者数:
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
最新トラックバック
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking