佐久間記念交流会館

福井県若狭町にある佐久間記念交流会館。
佐久間とは佐久間勉海軍大尉のこと。
彼の生地にある。

明治43年、潜水艇で訓練中に沈没した。
引き上げられた時、佐久間艇長をはじめ13名の部下全員が各自の持ち場で死亡していた。

一方、外国で同様の事故が発生すると、
我先に脱出しようとして、争いの跡が発見された事例もある。


潜水艇の模型や遺品が展示されている。

そして、正面の奥には手帳に書かれた遺書がある。
息苦しくて、暗い艦内なので字が乱れている。

内容は、
艇を沈め、部下を死なせたことを詫びて、
部下が最後まで職務を全うしたこと。
部下の遺族への支援を依頼すること。
この事故により潜水艇の研究に支障が無いようにして貰いたいこと。
沈没の原因や、その後の状況などが記されている。

この出来事は国内外に感銘を与え、
現在でも英国大使館付き武官が慰霊祭に参列している。


若狭湾沿いの国道27号線からすぐなので、
皆さんも立ち寄ってみてください。



よろしかったらクリックをお願いします。
にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村



スポンサーサイト

旧敦賀港駅舎

敦賀の赤レンガ。

ここにある巨大なジオラマを見てから、近くにある旧敦賀港駅舎を訪れる。
戦前はウラジオストックと航路で結ばれて、
シベリア鉄道を介してヨーロッパへのルートになっていた。

現在は資料館になっている。

ただし当時の駅があった場所はこちら。

観光客がいるエリアからは少し離れているので訪れる人はいない。


よろしかったらクリックをお願いします。
にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村

名鉄瀬戸線大津町駅の跡

名古屋城や官庁街のすぐ近くの大津橋。

この橋の手前側に、名鉄瀬戸線の大津町駅があった。
当時の電車や、一緒に乗った友人達を思い出す。

廃線になって40年以上が経過した今、駅舎やプラットホームの跡は無い。

ただ、階段が残っている。

この先は堀川まで延びていたが、日中は40分に1本くらいの運行で、
大津町が実質的な都心のターミナルだった。

こんな特急もあった。


よろしかったらクリックをお願いします。
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村










名古屋の市バスを1日の足にする

名古屋の市バスの1日乗車券を利用した。

値段は600円で、3回の乗車で元を取れる。
休日なら同じ値段で地下鉄にも乗ることができるエコきっぷがあるけれど、
この日は残念ながら平日。

行先は区役所と歯医者、そして名古屋城。

いずれも初めての場所ではないが、通ったことのない道路もあり新鮮。

名鉄瀬戸線があったと思われる緩やかなカーブを見ることができた。
幼稚園か保育園に戦争法案反対という横断幕があった。
森友学園で教育勅語が…、とか騒いでいるが、こういう主張は良いの?
そもそも北朝鮮の危機が高まっているのに、いつまで森友問題をやってんだということだけど。

全部で7本のバスに乗り、他の交通機関は一切使わなかった。
所要時間や待ち時間が鉄道の10倍以上のこともあった。
バスに固執しないで、鉄道やマイカーも併用した方が時間の損失を減らすことができるのは確か。

基幹バスにも乗った。
他の路線とは違い、専用レーンで本数も多い。
名鉄バスとの共同運行だが、そちらには乗ることができない。
市バスのほうが混んでいる。理由は敬老パスでの利用が多いから。

昔は市バスよりも、名鉄バスや国鉄バスをよく利用していたことを思い出す。



よろしかったらクリックをお願いします。
にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村






名古屋城本丸御殿

スターウォーズ展を観るために名古屋城へ。


ついでに・・・、ではなくて前から行きたいと思っていた本丸御殿。
おもてなし武将隊が偶然写っている。

名古屋城の入場券だけで入ることができる。
空襲で焼失したが復元された。

名古屋市内の小学校に通っていたので、
天守閣が炎上中の写真が掲載された副教材を見た憶えがある。

廊下は簡素。

ヨーロッパの宮殿なら壁から天井まで装飾で埋め尽くされるところだが。

狩野派の絵師によるもの。

日本の美を目に焼き付けて、来月はドイツへ行きます。


よろしかったらクリックをお願いします。
にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村

プロフィール

やだ&たま

Author:やだ&たま
旅行と模型が主体のブログです。
旅行はヨーロッパ、模型は鉄道模型レイアウトがメインです。

カテゴリ
最新記事
サイト内検索
最新コメント
アクセス
オンラインカウンター
現在見ている人の数
現在の閲覧者数:
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
最新トラックバック
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking