FC2ブログ

名鉄瀬戸線旧堀川駅

愛知県図書館へ初めて行くことになった。

場所を調べたら、かつて名鉄瀬戸線の堀川駅があった場所に近い。
栄乗り入れを控えて、名古屋城の外堀区間が廃止になってから40年以上が経過した。

ここが堀川駅があった場所。
沿線に住んでいたので、友人と電車に乗って何度か来たことがある。

廃止を翌日に控えた最終日には、当日のみ有効の1日乗車券で何度も乗り降りした。
鉄道にはたぶん興味がないであろうクラスの女の子にも出会った。

あれから40年以上が経過して、線路もホームも何も残っていない。
自分もこの場所に立つのは、あの日以来のこと。


よろしかったらクリックをお願いします。

にほんブログ村

スポンサーサイト

名鉄瀬戸線喜多山駅から昭和が消える

名鉄瀬戸線喜多山駅周辺で高架工事が開始された。

線路の付け替えにより以前のプラットホームが壊されている。
これは2018年6月上旬の状況。
すでに線路は撤去されていて、この先プラットホームが無くなるのも時間の問題。

奥のスロープは数年前に造られたと記憶しているが、
他は昭和時代のもの。

小型電車から大型になり、
さらに4両編成に増強された発展の歩みがプラットホームに残っている。

ちなみに当時運行されていた特急は、朝のラッシュ時以外は通過だった。
このレイアウトに興味のある方は、
コチラをご覧ください。


よろしかったらクリックをお願いします。
にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村

森林鉄道のかつての車両たち

長野県の赤沢森林鉄道に乗車したあと、
17i9a.jpg

展示してある車両を見る。

写真や模型では見た覚えがある。

併設された森林鉄道記念館に展示されている機関車。

こちらも昔のTMSで見た覚えがある。


よろしかったらクリックをお願いします。
にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村

国鉄時代の車内放送のCD

小樽総合博物館で購入したものです。
国鉄時代の車内放送を録音したもので、何種類か発売されていましたが、
一番馴染みのあるものを選びました。
とは言っても、自分が利用した時よりも5年から10年くらい前のものです。

さらに特急「ひだ」よりも急行「のりくら」のほうがいいとか、
比叡1号は下り列車なら何度も乗ったとか、
希望を言えば、きりがありません。

その中で「ゆうづる」や「八甲田」は乗車時と時刻がおおむね同じで、懐かしくなります。
もっとも編成については「八甲田」に寝台車が連結されていたり、
「ゆうづる」の食堂車が営業していたなどという違いはあります。

圧巻は、東京発西鹿児島行きの急行「桜島・高千穂」の延々10分にわたる放送です。
ちょうどこの時期に乗車しましたが、上りの名古屋から東京までという末端の短距離区間だったので、
実際に聞いたことはありません。


よろしかったらクリックをお願いします。
にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村


急行津軽の思い出

急行津軽は上野・青森間を奥羽本線経由で長年運行されていた列車。

昭和50年代に下りの1号に2回乗車したことがある。


普通車の自由席から、グリーン車やA寝台まで連結していた。
12e29a.jpg
最初は昭和53年の春休みに友人と乗車した。

当時の雑誌によると、空いているとのことだったが、
出発の1時間前に始発の上野駅に向かうと、結構な列が出来ている。

ラジオを持っていた友人が今日の大相撲の結果を報告してくれる。
知らないオジサンが「えっ、若乃花が負けた?」と聞いてくる。
ちなみに、この若乃花とは栃若時代でも若貴兄弟でもない、津軽地方出身の横綱のこと。

30分くらい前に入線。
当時の急行の普通車としては標準的な4人掛けボックスシート。
友人と並んで座ることはできたが、残念ながら進行方向とは逆向きの座席。
ほぼ満席で出発。

宇都宮あたりで籠にアイスクリームを満載した車内販売がやってくる。
暖房が効きすぎているから、よく売れる。自分たちも購入。
ただ値段が400円!
制服を着用していないし、だぶんモグリの業者だろう。

足を伸ばせないという窮屈な姿勢を一晩強いられたが、
それなりに眠ることはできた。

秋田県で朝を迎える。雪がまだ多く残っている。
それにしても隙間風で寒い。
向かいの窓側には、自分たちより少しだけ年上の男性が座っているが、
進行方向に向いている分、風の冷たさが相当なものだろう。
参考書を読んているから、弘前大学あたりでも受験するのだろうか。

東能代で五能線に乗り換えた。


2回目は郡山から乗車した。
この時も東北ワイド周遊券の利用で、急行列車の普通車自由席は乗り放題だけれど、
途中の駅から乗車するのは気が進まないので、
寝台券を買っておいた。それもA寝台を。
最初で最後のオロネ10。

普通車とは雲泥の差に違いないが、寝台が下段か上段かも覚えていない。
せっかくA寝台の高い料金を奮発しているから、
早朝到着の秋田以南で下車するはずはないと思うが、
それも忘れてしまった。

記憶にあるのは、
若いのにA寝台にいるものだから、翌朝、車掌さんに怪しまれたことくらい。



よろしかったらクリックをお願いします。
にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村



プロフィール

やだ&たま

Author:やだ&たま
旅行と模型が主体のブログです。
旅行はヨーロッパ、模型は鉄道模型レイアウトがメインです。

カテゴリ
最新記事
サイト内検索
最新コメント
アクセス
オンラインカウンター
現在見ている人の数
現在の閲覧者数:
カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
最新トラックバック
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking