地球の歩き方とポツダム会談

サンスーシ宮殿。

ポツダムで一番の観光地のようだ。

路面電車とバスを乗り継いでツェツィーリエンホフ宮殿へ。
地球の歩き方ベルリン編に記載された見どころの序列では4番目。

工事が行われているが、大した問題ではない。
興味があるのは内部だから。
ここでポツダム会談が行われた。

これは1985年版の地球の歩き方ヨーロッパ編。

当時は東ドイツにあったのでビザを取得する必要があり、
1ページ半にわたってポツダムについて書かれている。
観光案内はツェツィーリエンホフ宮殿についてのみである。
ポツダム会談についても簡単にふれられていて、
「周知の事実である」と断じている。
現在ではどれくらいの人に知られているのだろう。

ちなみに2013年版ドイツ編ではサンスーシ、ツェツィーリエンホフの順。
だんだんとランクが下がっていることが気になる。


よろしかったらクリックをお願いします。
にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

ポツダムのサンスーシ庭園はとても広い

ベルリン郊外のポツダムにあるサンスーシ庭園。

サンスーシ宮殿を望むビューポイント。

宮殿以外にも見どころは多い。

魅力的な建物が見えるが、あいにくの雨で歩くことが億劫。

いずれも庭園内にある施設だが、かなりの距離がある。




よろしかったらクリックをお願いします。
にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
にほんブログ村


サンスーシ宮殿の内部

ポツダムのサンスーシ宮殿。

ポツダムで1番の観光地のようだ。
ちなみに1985年版の地球の歩き方ヨーロッパ編には、
あのポツダム会議が行われたツェツィーリエンホフ宮殿のみを、
1ページ半を割いて記載されていた。

内部の見学は入場時刻を指定された定員制だけれど、
午前10時前という時刻なので、早めに入場することができる。

巨大ということもなく、超豪華というわけでもない。
17i4a.jpg

17i4b.jpg
むしろ落ち着く。


よろしかったらクリックをお願いします。
にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
にほんブログ村


ポツダムのサンスーシ宮殿へ

ポツダム中央駅から、地球の歩き方の記載に従って695番の路線バスで、サンスーシ宮殿へ。


オランダのような風車が迎えてくれる。


見下ろすと庭園が見える。


まだ10時前なので、混雑する前にサンスーシ宮殿へ。
内部の見学は定員制だけれど、早い時刻に入場することができる。

ほとんどがアジア人だが、会話を聞いていると中国語と韓国語。


よろしかったらクリックをお願いします。
にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
にほんブログ村







ポツダム市内の交通機関

ベルリンからSバーンの7号線に乗って郊外のポツダムへ。

終点がポツダム中央駅。

最初に訪れるのはサンスーシ宮殿。

ポツダム市内の交通機関も、ベルリン広域の一日乗車券等で乗り放題。

トラムとバスが運行されていて、出発時刻や系統番号、行先、乗り場が分かりやすく電光掲示されている。

乗りたいバスは18分後の出発。かなり待たされる。

地球の歩き方に従って、695番のバスに乗車。

ほぼ全員の目的地がサンスーシ宮殿。

次はツェツィーリエンホフ宮殿。
ここへはトラムとバスの乗り継ぎになる。

地球の歩き方の記載と異なるが、地元の停留所の案内のほうを信用して、Rathausで乗り換える。
訳せば市役所なので、立派な建物を見ることもできる。


よろしかったらクリックをお願いします。
にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
にほんブログ村
プロフィール

やだ&たま

Author:やだ&たま
旅行と模型が主体のブログです。
旅行はヨーロッパ、模型は鉄道模型レイアウトがメインです。

カテゴリ
最新記事
サイト内検索
最新コメント
アクセス
オンラインカウンター
現在見ている人の数
現在の閲覧者数:
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
最新トラックバック
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking