九州鉄道記念館

門司にある九州鉄道記念館。

お世話になった車両が出迎えてくれる。

特急列車の先頭に立ったC59。

ただ、蒸気機関車にはあまり興味がない。

クハネ581。
列車名はこの形式に最もふさわしい月光。

一部がロングシートになっているなど、晩年の普通列車用の状態。
でも、ゆったりとしたクロスシートに座れば、背中の感触は特急時代のまま。
しらさぎや急行立山に乗車したことを思い出す。


よろしかったらクリックをお願いします。
にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

門司

下関から関門海峡を渡って、


門司へ。

古い建物がいろいろある。

まずは、九州鉄道記念館へ。



よろしかったらクリックをお願いします。
にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村

関門連絡船

タイトルは関門連絡船ですが、
かつて関門トンネル開通前に運行していたものではありません。

下関市の唐戸と北九州市の門司を結んでいます。

関門橋を眺めながら、短時間だけれど気持ちの良い船旅です。


よろしかったらクリックをお願いします。
にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村


下関の日清講和記念館

山口県下関市にある日清講和記念館。

日清戦争の講和会議が伊藤博文と清国全権李鴻章との間で行われたというのは、
教科書でもおなじみのもの。

両国代表が着席した椅子が残されている。
3人目の伊東巳代治も受験勉強で覚えたけれど、
どのような功績があったのかは忘れてしまった。

中国語の団体客がやって来て、笑顔で見学している。


侵略のきっかけという意見も聞くが、
当時は欧米列強も当然のように行っていた時代で、
日本が大人しくしていればロシアなどから侵略される恐れが大きいのに、
なぜ日本だけが非難されるのか、
そして日本国内でそのような歴史観を主張するのか、
私には理解できない。



よろしかったらクリックをお願いします。
にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村



下関市長府

下関駅近くのホテルから路線バスに乗って訪れた長府。


武家屋敷が残っている。


家老の屋敷跡にある庭園。



よろしかったらクリックをお願いします。

にほんブログ村

プロフィール

やだ&たま

Author:やだ&たま
旅行と模型が主体のブログです。
旅行はヨーロッパ、模型は鉄道模型レイアウトがメインです。

カテゴリ
最新記事
サイト内検索
最新コメント
アクセス
オンラインカウンター
現在見ている人の数
現在の閲覧者数:
カレンダー
01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
最新トラックバック
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking