山陽から山陰へ

青春18切符を手にして、名古屋を発ち、


新快速などを乗り継いで、


山陽本線の上郡まで来ました。
ここまでの記事はこちら
新快速利用のコツが分かるかも!


駅のキオスクは閉まっているし、駅前に食べ物を補給できるような店も無い。

大鳥圭介生誕の地や、奈良・平安時代の駅跡などがあるらしいが、
いずれも歩いていけるような距離ではない。


とにかく暑いので、
さっきまで乗って来たこの駅が終点の、
折り返し相生行きの冷房の効いた車内で待つ。


ここから智頭急行線を利用する。

全国の鉄道全線に乗車しようと思っているが、
この線は未乗。


京都始発のスーパーはくとに乗る。

増2号車の表示が見える。
途中駅からの乗車なので指定席を確保している。

車内はほぼ満席。
自由席が混雑していることについてのお詫び放送がある。

平成になってから開業した新しい路線なので、
高架とトンネルが多い。

智頭から先は、国鉄以前の因美線で、
雰囲気が変わる。

列車は倉吉まで行くが、
終点まで乗っても、目的地の松江到着時刻は変わらないので、
鳥取で降りる。

青春18きっぷだから、特急利用はできるだけ短くしたい。

一日のうちで一番暑い時刻だが、
山陽側よりも明らかに涼しく感じる。


鳥取からは、再び各駅停車。
キャリーバックを持った人が多い。
帰省だろうか。この日は8月8日。

海側に空席を見つけ喜んでいたが、
同じ山陰本線でも山口県内とは違って、
あまり海は見えない。

かつて急行丹後から、茶色の旧型客車に乗り継ぎ、
倉吉線を往復し、夜行のちどりで広島へ抜けたことがあった。

あの頃を思い出させてくれそうな駅も残っている。

倉吉から快速になり、
米子で出雲市行きに乗り換えて、
無事に松江着。

青春18きっぷとはいえ、特急でワープしたし、
新快速という特急並みの高速列車も使ったが、
名古屋から松江まで、苦にならない移動であった。



よろしかったらクリックをお願いします。
にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

やだ&たま

Author:やだ&たま
旅行と模型が主体のブログです。
旅行はヨーロッパ、模型は鉄道模型レイアウトがメインです。

カテゴリ
最新記事
サイト内検索
最新コメント
アクセス
オンラインカウンター
現在見ている人の数
現在の閲覧者数:
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
最新トラックバック
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking