ドイツ鉄道博物館

ミュンヘンから日帰りでニュルンベルクを訪れている。


フラウエン教会と、その左にある美しの泉といわれている塔。



丘の上にあるカイザーブルク。



ヘンカーシュテークという屋根付きの木橋。

などの主要な名所を見れば、
おおむね一般的な観光は終了。


ただし、まだ行きたいところがある。

それがDB博物館。
DBとはドイツ鉄道のこと。

中央駅の近くにある、

名車がいろいろ展示されている。


これはノイシュバンシュタイン城を建てた、ルードリヒ2世の車両。


模型もいろいろ。


鉄道とは関係無さそうな写真がある。
ゲーリングやゲッペルスとか書かれているようなので、
たぶんナチスの戦犯を裁いたニュルンベルク裁判だろう。

戦後のドイツはナチス批判が盛ん。
ただ日本と違うのは、
ナチスに責任を押し付けたことと、
連合軍のドイツに対する戦争犯罪を許していないこと。

大きくはないが、売店もある。
品揃えは日本のこの類の博物館と同じ。

「DB」のマークが付いたバックを買ってしまった。
列車名や行き先などが記されたサボも物色したが、
TEEラインゴルトなど、かつて乗車したことがある列車は無かった。



よろしかったらクリックをお願いします。
にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
にほんブログ村


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

やだ&たま

Author:やだ&たま
旅行と模型が主体のブログです。
旅行はヨーロッパ、模型は鉄道模型レイアウトがメインです。

カテゴリ
最新記事
サイト内検索
最新コメント
アクセス
オンラインカウンター
現在見ている人の数
現在の閲覧者数:
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
最新トラックバック
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking