戦争映画DVDコレクション大東亜戦争と国際裁判

戦争映画DVDコレクション第55号です。

久々に買いました。

昭和34年公開の大東亜戦争と国際裁判です。
GHQにより禁止された大東亜戦争という用語が、タイトルに使われています。

主役は東條秀樹で嵐寛寿郎が演じています。

真珠湾攻撃以前から日米は戦争状態にあり、
当時のハル米国務長官のハル・ノートが事実上の最後通牒であること。

原爆投下やソ連の参戦こそ戦争犯罪であること。

昭和天皇の戦争責任の有無。

など、重要な争点が盛り込まれています。

ただ消化不良な気もします。
まぁ100分少々では東京裁判の全貌を描くことは不可能でしょう。

無条件降伏ではないという主張がされているのは、新鮮な印象を受けました。

付属の冊子によると、
映画の中で日本の行動を正当化することについて、
アメリカから圧力のようなものがあったとのこと。

インドのパル判事の言葉が登場するのは、
スタッフの精一杯の抵抗だろうか。

裁判が終わって70年近くが経過した今日、
ようやく秤が少しずつ平衡に向かっているような気もするが・・・。


よろしかったらクリックをお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

やだ&たま

Author:やだ&たま
旅行と模型が主体のブログです。
旅行はヨーロッパ、模型は鉄道模型レイアウトがメインです。

カテゴリ
最新記事
サイト内検索
最新コメント
アクセス
オンラインカウンター
現在見ている人の数
現在の閲覧者数:
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
最新トラックバック
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking