Nゲージレイアウト製作記総集編その9、水田

Nゲージレイアウトに水田を作ります。


どこの製品か忘れたが、草地用のマットを使う。

ただし、これでは厚みが無さ過ぎる。

田植え直後の水田なら苗が低くても良いけど、
それならば、1本1本が独立して見えなければならない。

スチレンボードでかさ上げする。

スチレンボードを草地用マットと同じような色に塗り、
ターフを散布する。

たまたま同じような色があったけれど、
無ければ濃い色にして、
日陰だから暗いということにすれば良い。


これで水田のパーツは完成。
次は周囲を作る。


あぜ道はバルサの角材をベースにする。

稲との間に少し隙間があるのは、そこに水の表現を施すから。


水の色を塗る。
ただし、いわゆる水色ではなく茶色。
その上に、手元にあるターナー色彩製のグレインペイント・アクアシリーズを、
盛りつけるように塗り重ねる。

あぜ道は緑色に塗っておく。
ただ、中央は人が通ることによって、雑草(緑色)が薄くなりやすいので、
バルサの茶色を少し残してある。


ターフやコースターフを撒く。

茶色の部分がほとんど無くなってしまったが、
ちょうど良い程度かもしれない。


これで完成。




よろしかったらクリックをお願いします。
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

やだ&たま

Author:やだ&たま
旅行と模型が主体のブログです。
旅行はヨーロッパ、模型は鉄道模型レイアウトがメインです。

カテゴリ
最新記事
サイト内検索
最新コメント
アクセス
オンラインカウンター
現在見ている人の数
現在の閲覧者数:
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
最新トラックバック
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking