ロシアの地下鉄に乗車してみた

ロシアのモスクワとサンクトペテルブルクで地下鉄に乗車しました。

ツアーの夕食後という限られた時間だったので、
両都市とも一区間を往復しただけの、自分が見た範囲だから、
異なる場合があるかもしれない。

画像は両都市のものが混在しています。


入口には欧米標準といえそうな「M」のサインがある。

階段の周囲は建物になっている場合が多い。


切符売り場と自動改札機。

ロシアでは英語がなかなか通じにくいが、
均一運賃なので、欲しい切符の数を指で示せばOK。
高額の紙幣を差し出すと、回数券を買うのかと誤解されて、
ややこしくなるかも。

切符はカードをセンサーにかざす。
サンクトペテルブルクでは1回券の場合はジェトンを挿入する。


有名な長いエスカレーター。所要時間は3分。
ただ、怖いほど速いとは思わなかった。

モスクワで利用した1号線は、数字から判断して歴史が古いせいか、
浅いところに線路があるようで、エスカレーターも短い。


ホームを挟んで上下線がある島式。

車内はロングシート。
当たったらケガしそうなくらい、勢いよく閉まるドアもある。

サンクトペテルブルクの3号線はホームドア。

この路線に限らず駅名の標示が少ないので、
何番目の駅で下車するのかを数える必要がある。

何号線に乗るのかを覚えておけば、迷わない。

標示が判りやすい。


目的地はどの出口が良いかが判る。

ただしロシア語のみだから、地球の歩き方と見比べる。
ガイドブックを開いても、危険は感じられない。


ロシアの地下鉄の駅は豪華というイメージが強いが、すべての駅ではない。

核シェルターとしても使われるので、とても広い通路がある。

日本でも同様のことを検討しているらしいが、
鉄道は国土交通省だが、医療は厚生労働省で、
国防は当然防衛相というふうに、
縦割りに阻害されているらしい。


観光地の最寄駅には英語併記の案内も少しある。
16j12g.jpg



次回の記事は、
モスクワからサンクトペテルブルクまで乗車した寝台列車の赤い矢号についてです。



参考になりましたか?
次回以降の期待を含め、よろしかったらクリックをお願いします。
にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

やだ&たま

Author:やだ&たま
旅行と模型が主体のブログです。
旅行はヨーロッパ、模型は鉄道模型レイアウトがメインです。

カテゴリ
最新記事
サイト内検索
最新コメント
アクセス
オンラインカウンター
現在見ている人の数
現在の閲覧者数:
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
最新トラックバック
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking