ロシア伝統の夜行列車赤い矢号

モスクワのレニングラード駅。
列車が入線するなど準備ができるまでは、プラットホームに入場できない。

サンクトペテルブルク行きの赤い矢号。
1970年代の旅行記にも登場する伝統の列車で、愛称も社会主義国らしいもの。

プラットホームの高さは十分だが、車両とは間隔が大きい。

乗車するのは1等寝台。

定員は2名だが、二段ベットではないので室内は広い。

クロワッサンやチョコレートなど。

ほかに歯磨きセットやスリッパなどもある。

定刻の出発。
2回くらい激しい衝撃があったが、よく眠ることができた。

翌朝、時間調整だろうか小さな駅で20分くらい停車。

豪華な朝食が運ばれてくる。

オムレツは選択メニュー。
他に何があるかは聞き逃したけど。

サンクトペテルブルクのモスクワ駅に定時の到着。
赤い矢の文字が大書されている。

各車両担当の係員がドアの前に立って、乗客を見送る。
プラットホームには音楽が流れている。

他の欧米諸国の列車と比較して、見劣りしないというよりも、
ハードとソフトの両面で、こちらのほうが上回っているような気がする。


次回はこの列車の寝台車についての記事です。



よろしかったらクリックをお願いします。
にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

やだ&たま

Author:やだ&たま
旅行と模型が主体のブログです。
旅行はヨーロッパ、模型は鉄道模型レイアウトがメインです。

カテゴリ
最新記事
サイト内検索
最新コメント
アクセス
オンラインカウンター
現在見ている人の数
現在の閲覧者数:
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
最新トラックバック
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking