フォート・ウィリアムの路線バス

ロンドンから寝台列車は、
1時間遅れでスコットランドのフォート・ウィリアムに到着。
雲一つない快晴で、5月なのにシャツ一枚で十分なくらいのポカポカ陽気。

駅に近いホテルを予約してあり、
チェックイン後すぐに駅に隣接したバスターミナルへ。


目的地は郊外にあるイギリス屈指の景勝地であるグレンコーのビジターセンター。
日本を出発する前に、長距離バスのシティリンク社のサイトで時刻表を調べると、
午前に出発する便がある。
バスは、スカイ島からグラスゴーまで行く長距離路線。

出発時刻を少しすぎていたが、大勢の人たちがバス停で待っている。
始発からフォート・ウィリアムまで4時間くらい経過しているので、遅れているのだろう。
ただ、バスが到着しても、予約している人たちで満員で乗車できない。


駅舎内にあるバスの案内所で、ステージコーチ社のローカルバスを教えてもらう。
時刻表を見せながら、44番のバスでビジターセンターに近いグレンコー・ジャンクションへと言われる。

これは地球の歩き方に記載されているとおり。

1時間に1本程度の頻度で運行されているが、このバスも遅れている。
違うバスを待っていたシンガポールから来た夫婦は、
乗り放題チケットで、この付近をあちこち回っているとのこと。

20分くらいの遅れでバスがやって来る。
運転手に下車するバス停を知らせてくれるように頼んでおく。

リニー湖に沿う車窓は美しい。
やがて標高を上げてゆく。
事前に調べた道路と違うところを走行している気がするし、
時間がかかりすぎている。
16k1a1.jpg
バックミラーで運転士と目を合わせると「ラウンド何とか」、やはり忘れていたようだ。
このバスの終点であるキンロッホリーヴェンで折り返して、往復30分のロス。
ただ、険しい山の中にある湖はとても美しく、時間の無駄とは思わない。
シンガポール人夫婦の路線バスの旅も良いものだ。



よろしかったらクリックをお願いします。
にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
にほんブログ村



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

やだ&たま

Author:やだ&たま
旅行と模型が主体のブログです。
旅行はヨーロッパ、模型は鉄道模型レイアウトがメインです。

カテゴリ
最新記事
サイト内検索
最新コメント
アクセス
オンラインカウンター
現在見ている人の数
現在の閲覧者数:
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
最新トラックバック
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking