KATOのリアリスティック・ウォーターを使ってみた

制作を開始したNゲージレイアウト。

右側の低い場所は池にする。
水の表現の経験はほとんどないので、どのような方法を用いるか不安が大きい。
いろいろ試したい。


KATOのリアリスティック・ウォーターを試してみる。

スタイロフォームを重ねて、簡単に塗装して、


リアリスティック・ウォーターを流す。

1時間もたたないうちに、無くなってしまう。
実験ということで、囲いを十分に行わなかったので、
流れ出してしまった。

次は漏れないように、しっかりとガードする。


これで良いのでしょう。

底がよく見える。
製品としては優れていると思う。

ただ、今回のレイアウトで使用するかは未定。
広い面積に流すので、傾斜の影響を受けやすく、水面を平らにしにくいし、
レイアウトの端と広範囲に接していて、漏れる可能性が高くなる。
一方、再現する池は透明度が高くないので、
この製品の利点が生かされにくい。

メリットが少なく、リスクが高いので、
別の方法でも構わない気がする。


よろしかったらクリックをお願いします。
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村











スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

やだ&たま

Author:やだ&たま
旅行と模型が主体のブログです。
旅行はヨーロッパ、模型は鉄道模型レイアウトがメインです。

カテゴリ
最新記事
サイト内検索
最新コメント
アクセス
オンラインカウンター
現在見ている人の数
現在の閲覧者数:
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
最新トラックバック
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking