FC2ブログ

山岡荘八の小説太平洋戦争第2巻

山岡荘八氏の小説太平洋戦争第2巻を読み終えた。
著者は長編の徳川家康などの歴史小説が有名。

大本営報道班員だったので、正に「戦争を知っている」方である。

第2巻は真珠湾攻撃の成功から始まる。
国民は日米開戦の宿命を感覚的に知っていて、
大多数は歓声を上げたこと。
日本側から原因を見れば、アメリカによって禁輸された石油の獲得戦争であったと述べている。

マレー沖海戦、シンガポール攻略と緒戦の勝利が続くなかで、
フィリピンにおいては上層部の作戦指導に誤りが見られる。
そして、いわゆる「バターン死の行進」という出来事が発生するが、
日本軍の持っていた少ない食料を捕虜に分け与えたりしたのに、
虐待されたと喧伝されたことも、同行した報道班員の話として詳しく書かれている。


よろしかったらクリックをお願いします。

にほんブログ村







スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

やだ&たま

Author:やだ&たま
旅行と模型が主体のブログです。
旅行はヨーロッパ、模型は鉄道模型レイアウトがメインです。

カテゴリ
最新記事
サイト内検索
最新コメント
アクセス
オンラインカウンター
現在見ている人の数
現在の閲覧者数:
カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
最新トラックバック
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking